デジタル工房 ラボアール
ラジコンに関連した電子工作をしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジュアライジング・データ 4章

4章 時系列

時系列って何の説明かなかなと思ったら、グラフ作成のことでした。
データのグラフ化はarduino が溜め込んだログデータ等をPCに転送してグラフ化して見るという用途に使えるのでよく理解しないといけないのですが・・・

前の章と同じように、データを読み込むところのクラスの記述が別にありその説明が書かれていないので、ブラックボックス的な使い方で進んでいく。 このところは後で説明が出てくるかどうか不明である。

例題はアメリカのミルクと紅茶とコーヒーの消費量をグラフ化するものである。
この章を理解したら色々なグラフの作成ができるようになる。
とは、思わないでください。

折れ線グラフ、棒グラフ、帯グラフはここにある例題の延長でできると思いますが、円グラフは無いです。
ellipse()メソッドで円は書けるのだが、円弧の描き方が分りません。
一発で書けるメソッドがあれば簡単でしょうけど、今はまだ調べていません。どうなんでしょう?

ぼくはarduinoからのデータ表現ということを目的としていますから、電圧の変化とか、を時系列に表現してオシロスコープのように表示するとか、アナログ電圧計のようなアナログ的表現をしたいと思いますが、前者はできそうですが、アナログメーターを作る場合はどうすればいいのでしょうか? この章では答えは出なかったです。

>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。